アクセスカウンタ

<<  2013年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
非嫡出子差別
両親が結婚した後に生まれた子供を嫡出子と言います。 婚姻関係にない男女の間に生まれた子供は非嫡出子と言います。あるいは、私生児という言葉もありますが法律用語ではありません。 嫡出子と非嫡出子には様々な差別があります。 今朝の新聞によると相続分の差別に関し、静岡地方裁判所が違憲判決を出したそうです。 非嫡出子は、嫡出子の半分しか相続分が認められません。父親が亡くなったとき、嫡出子が1000万円を相続できても、非嫡出子は500万円しか相続できないということです。 これは、憲法14条の法の下... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/01/30 10:37
橋下市長と教育委員会
ニュースによると、橋本市長が教育委員会に対し、今年度の体育科の入試について自粛するように要請し、その要請に従わない場合は、予算を執行しないと発言しています。 たしかに、予算の執行権限は市長にあります。しかし、橋本市長の独断で予算を執行しないことが許されるのでしょうか。 橋本市長は、これに異議があるなら次の選挙で落とせば良いと発言しています。しかし、次の選挙で落としていては、あまりにも遅すぎます。 進学希望の中3生の受験の期間は、この春だけです。一年待つことなど出来ません。大人の1年はすぐに... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/18 13:09
体罰と刑法
刑法では、人に対し、有形力を行使すると暴行罪となります(刑法208条)。原則として、暴行はすべて違法です。 有形力の行使とは、簡単に言えば、物理的な力を被害者に加えることです。殴る、蹴るが代表的ですが、たばこの煙を吹きかけるような行為も含まれます。 しかし、言葉で脅したりすることは含まれません。これは無形力と言われます。 このような有形力の行使が適法である場合もあります。 たとえば、暴漢に襲われたときに防衛するような正当防衛行為とか、あるいは、火事場から逃げる際に人を突き飛ばす緊急避難で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/01/15 12:50
政治に望むこと
自公政権が復活し、年明けから明るい話題が増えたようです。 経済については、門外漢なので政治に任せたいと思います。 弁護士を四半世紀して来て感じることは、まずは、雇用問題です。 日本の労働法制は、先進国の中では進んでいる方ではありません。有り体に言えば、労働者に厳しい労働法制です。そのような労働法制すら遵守されていない事例が多いです。 たとえばサービス残業、過剰勤務、違法派遣、違法請負、名ばかり管理職、いじめ(パワハラ、セクハラ)等々、です。これらの事案は中小企業に限らず、一部上場の企業で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/01/11 12:31

<<  2013年1月のブログ記事  >> 

トップへ

銀座の弁護士日誌 2013年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる