中川大臣辞任の真の責任者

中川大臣が,先日,辞任しました。
マスコミは,ここぞとばかりに叩いています。おぼれる犬は叩け,という感じで,非常に見苦しい気がします。
中川大臣の酒癖の悪さは,政治記者にとっては,公知の事実でした。選挙に勝利した時の泥酔状態は,テレビでも流されていました。あるいは,拉致家族会との面会でも,ろれつが回らないほど酔っていたこともあります。
そんな人を大臣に指名した麻生総理の見識を疑います。
ですから,昨年,麻生内閣が誕生した時に,中川さんのような人を財務大臣のような要職につけて良いのか,とマスコミは批判すべきでした。
あるいは,件の記者会見で,「大臣,かなり酔っているのではないですか?」と質問し,弾劾すべきでした。
ところが,日本のマスコミは,そのような批判も,質問も一切しませんでした。ロイター通信かAP通信かが,中川大臣の酩酊状態を世界に配信したところ,急に,マスコミの論調が変わりました。
一種の外圧でしょうか。
日本の新聞,テレビは,記者クラブという特権的な恩恵を官僚から与えてもらい,官僚に対する批判的な報道をあまりしません。あの酩酊記者会見には,日本人記者しかいなかったようです。その日本人記者が世界の笑いものになっているのだと思います。
政治家の懐に飛び込むというような報道がなされます。しかし,所詮は,政治家にアゴ足つきでおごってもらって,政治家に都合の良い報道をするだけのことでしょう。そのような,政治家と記者との歪んだ関係が,中川大臣の増長を招いたのだと思います。
オバマ大統領は,記者会見で,旧来の新聞社の質問をほとんど受け付けず,ネットのブロガーの質問を優先的に受け付けたそうです。
日本の政治が旧態依然なのは,記者クラブと政治家,官僚との癒着にあると思います。ネットのブロガーが参加できるような開かれた取材を許す時代だと思います。そうすれば,酩酊大臣が大手を振っているような醜態はなくなるはずです。

この記事へのコメント

2009年02月26日 20:12
そうですよね!連中にとって都合の悪い質問やらバッシングをすると、出入り禁止になってしまうから、自分の身も可愛いからしないんですよね。皇室の関係も同じですよね。秋篠宮さまの結婚の時に、紀子さまが殿下の額の汗をぬぐっていらっしゃる写真が新聞などに載せてしまったばっかりに、その皇室関係担当の記者は出入り禁止になってしまいましたよね。微笑ましくて、いい写真だと思いましたけど。のちに、皇太子さまもご覧になって「いい写真ですね」と褒めていました。
話は変わりまして、それにしても中川元大臣、あのていたらくは国民をバカにしてます。あの後、美術館でもバカまねをしたそうで・・。一気に日本人の品を落としました。大臣辞任だけでなく、議員も辞めろ!と言いたいです。
2009年03月02日 11:56
秋篠宮の写真もそうでしたね。あんな良い写真はないですよね。
礼儀と節度は守るべきですが,ある程度の取材の自由がないと,良い記事はかけませんよね。
中川さんは,地元でも,だいぶ批判されているようですね。
本当は,次回の選挙で落選すれば,日本の民度も上がったと言えるのでしょうが,多分,当選するのでしょうね。

この記事へのトラックバック