同調圧力と女子柔道

ウィキペディアによると、同調圧力(どうちょうあつりょく 英: Peer pressure)とは、職場などある特定のピアグループ(英: Peer group )において意思決定を行う際に、少数意見を有する者に対して暗黙のうちに多数意見に合わせることを強制することを指すと言うことです。
簡単に言えば、異端を排除して全体意見に従わせる圧力です。
日本では、これが高いと言われています。
そのため、犯罪率が低いという良い側面もありますが、逆に、異端を排除するあまり個性が伸びなかったり、あるいはイジメにつながることもあります。
イジメる方は、異端者を矯正していると考えていますから、イジメの自覚がありません。
今回の女子柔道の問題も、根本的にはこの同調圧力にあると思います。
勝利至上主義という暗黙の合意がある以上、似たような問題は外のスポーツにもあると思われます。そのような同調圧力を放置していては、今後も同じような問題は提起されると思います。
古い話ですが、円谷幸吉選手の自殺を思い出しました。日本全体から1人の人間に対し、過大な同調圧力が加えられ、自殺してしまいました。
あるいは、水泳の女子選手がオリンピックを楽しみたいと発言しただけで、協会からバッシングされた事例もあります。
女子柔道の問題は、変な指導者が起こした問題と片付けるのではなく、柔道界やスポーツ界、ひいては日本全体に蔓延する過度の同調圧力の問題だと思います。
昨日のインタビューを見ていましたが、あの指導者自身も同調圧力の被害者だと思えました。しかし、指導者である以上、自らの責任を免れることは出来ません。
しかし、トカゲのしっぽ切りのような対応では、今後も同様の問題はなくなりません。

この記事へのコメント

情報拡散
2014年06月06日 23:09
読者に出自の説明と在日確認をしている。真日本人の責務。チョンに騙されないように。
6月6日
2014年06月06日 23:48
日韓関係「悪い」日本87%…過去最悪。星正秀ことホンジョンス、洪正秀。お前のようなウソを並び立てるのがチョンの民族性だからな。日本から出て行け。半島に帰れ。密入国者の息子。犯罪者の息子。お前のアボジはヤマトにとって、犯罪者だ。如何か、法律屋。法律屋なら、出自を悔い母国に帰れや。お前とお前の子孫は日本に必要ではない、お前たちの存在は日本人にとって害悪である。なぜならホンジョンス、お前は嘘つきだからだ。TLに拡散する。

この記事へのトラックバック